ベランダガーデン 福岡市中央区 Aさんの庭

福岡市の小高い丘の上に立つマンションのベランダ。



軒が深めについているので、ハードウッドを使う必要もないと

判断し、杉材で床と壁をカバーしました。



床は室内と同系色に少しだけグレー系を混ぜて。

壁はアイボリー。

柱に裏・表交互に板を張っているので、(大和塀方式)柱の分だけ空間が空き、風が通ります。



施工前はグレーの壁と床。手前の壁のホースがちょっと気になる感じ。↓









施工後↓とりあえず床と壁をカバーし終わった段階はこれ。

やっぱり木は温かみを感じさせてくれます。

もとからあった室外機カバーも アイボリーに塗り直しました。









室内からみるとこんな感じ↓


テーブルにはバスケットに植えた寄せ植えを。(逆光で見えにくいのですが。)

もともとあった赤いゼラニウムが印象的だったので、色を合わせて赤いリクニスを主体に

ヒューケラ・キャラメルとカラスバミセバヤ、そしてビンカミノール「イルミネーション」をセレクト。

お施主さんのAさんの奥様が長身で大人っぽい女性なので、

(初対面の時、「モデルさん?」と思いました。(^^)

子供っぽくならないよう考えて 組み合わせてみました。







手前の壁にあったむき出しのエアコンホースを隠すため、ついたて
(このついたて、やはりもっと幅広くしたほうがよかったかな~。。。)を立て、
ハンギングポットを飾りました。
ハンギングの花はベゴニアセンパフローレンス「タブレット」。
シックな銅葉に艶っぽい赤。
これからどんどん成長して、夏には「もりもり」になる予定。





奥のついたては、その奥にある非常口を見せないためのしかけ。

こちらにはあまり重いものは吊るさないほうがいいので、

アンティーク調の3連フックと、リースなどの雑貨を飾ってみました。



ちなみに右側の小さな扉はワンちゃんのためのドア。



Aさんからは、

「やっぱりウッドにしてからベランダに出る回数が多くなりました~」

と言っていただきました。(*^_^*)



マンションのベランダって 暮らしの中で、唯一、「外」を感じれる

プライベート空間ですよね。

そこを快適に変えると、きっと、ぐん!と気持ちよく暮らせると

思うのです。

お値段的にも、手が届きやすいし。(^^)



ウッドの壁で背景が整ったので、植物が映えるようになりましたね。

ハンギングも楽しめるし!

Aさん、また、素敵な雑貨やリースなど見つけたら、ご紹介しますね☆

関連記事

PAGE TOP