蕎麦ひら川 福岡市中央区薬院



もともと和食やさんだったところを改装したお蕎麦屋さん。

ご主人は櫛田神社近くの「信州蕎麦むらた」で修行された方です。



ここの、入り口の庭をうちが手がけさせていただきました。

設計およびコーディネーターは「タカスガク デザイン」のデザイナー・高須 学さん。

のれんや箸袋等のグラフィックデザインは「B5」の山本文吾さん。



↓壁の、柔らかく光る店名入り照明に注目!




ガクさん考案のこの照明兼看板は、壁に埋め込んだ照明に、壁と同素材の

「ワラすさ入り珪藻土」を薄ーく塗ったもの。

土を透過して適度にやわらいだ光が、ワラすさ入り珪藻土の陰影を浮かび上がらせてます。

さらに文吾さんの「蕎麦ひら川」の文字がまた、イカシテます。







清楚さとワイルドさを併せ持った庭にしたくて、王道ともいえる「流れ」デザインに、

ワイルドな溶岩景石や砂利を組み合わせました。

こういう、雑木や石を使った作庭は、gouさんの得意とするところ。

珪藻土壁の前に植えたアズキナシの枝のラインが、壁に映えてます。












店内はこんな感じ。

錫(すず)板の仕切り、繊細な格子、黒い折上げ天井、一枚板テーブル・Yチェア・・・

柔らかな艶を感じる大人の空間です。






これはガクさんセレクト、炎の写真のアート作品。↓







声を大にして言います。

「ここは、ほんとに、自信を持ってオススメできるお店です!」

インテリア素敵・グラフィック素敵・食器素敵・庭も満足作。

そしてお料理も美味!!















庭を造る際もちょっとしたアクシデントがありましたが結果、さらによいものが出来ました。

とっても楽しかったです!

ガクさん、そしてオーナーさんに心から感謝します。



関連記事

PAGE TOP