郷愁を誘うベランダガーデン 福岡市中央区 Sさんの庭

福岡市都心部のマンション、高層階。

ここに、懐かしいイメージで植栽することになりました。

デッキプレートやプランターは、すでにインテリアデザイナーさんのほうで決定済み

(素材は木材風の樹脂)で、わが事務所では、背景のヨシズ貼りと、植栽のみを行いました。



施工前↓





施工後↓











通常 ベランダガーデンでは、お手入れが楽なように植栽は少なめにし、

他の部分で魅せるように工夫をするのですが・・・。

こちらでは、お施主さんの好みを反映し、たくさんの種類の草木を

植え込みました。

本数も多いため、自動灌水機を設置。

水やりの手間が省けると、世話もかなり楽になりますね。





植種のセレクトにあたって考慮したポイントは、

「幼い頃親しんだ里山のような」「郷愁をそそる」というイメージ。



例えば秋グミやゆすら梅のような、懐かしい実のなる木。

(グミ、懐かしいですよね。)





例えばミツバツツジ、サラサドウダンツツジ。

石に付けた岩ひば、ユキノシタ。

etc.etc.・・・

また、引越し前のマンションから持って来た植物も、できるかぎり利用しました。



↓この、株立ちの樹たちも、前の住居から持って来たもの。

新居のエレベータに入らなくて、かなり短く切らざるを得ませんでした。

でも、高さのあるプランターに植え、足元にヒューケラやハツユキカズラを植え込むと・・・

株立ちの、美しい幹のラインに目が行くため、ぶつ切りされた梢の部分が

それほど気にならなくなりました。(^^)





西側のハンギングプランターには、ナデシコ・タマスダレ・ハツユキカズラ。

奥の樹は香りの良いキンモクセイ。





下草にも、ススキや萩・ワレモコウ・白シキブ・ヤマアジサイ・鬼百合・パンダスミレ・万両など、

四季折々楽しめて、情緒たっぷりの植栽を。

お花見も夕涼みもお月見も雪見酒もここでばっちり!(^^)/





マッサージチェアを置くスペースの前は坪庭チックに。

軽石を使って軽くする工夫をしています。もちろん土も軽量。

石の足元のユキノシタがピリッと効いてます!

gouさんは石を使わせたら天下一品。

直感で、ここぞ!という所に石を配置し、植物をあしらっていく。

早いのです。

しかも、おおっ!とうなる出来ばえ。








植え込んだあとの仕上げには、白い軽石砂利で、それぞれのプランターに

「連続した流れ」を描きました。





これで、断続的だったプランターが、ひとつながりに。

根元が明るくなって、植栽も一段と際立つようになりました!








本音を言えば・・・、

「床も一部飛び石風にしたり、三和土を使ってみたり。プランターも本物の木で。。。」と、

オリジナルのベランダガーデンを設計したくなるところですが。



でも、出来あがってみると・・・

これがなかなかどうして。 素敵なのです!(^^)

夕陽があたって、葉が透きとおって見える様子などは、見とれるほど綺麗です。








もちろん朝日を浴びた姿もきれい!↓








癒される、「ノスタルジック・ベランダガ-デン」ですね!

関連記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。