CASE Bld 植栽@福岡市薬院

薬院の設計事務所 CASEさんのビル

打ち放しのコンクリートと鉄平石のピンコロアプローチでシャープな雰囲気です。このスタイリッシュなビルに優しさと格好良さを合わせた植栽を施しました。  







       Photo by Karin






ダンコウバイと台湾ヒメサザンカ。足元に玄武岩の自然石水鉢をあしらって。




水鉢に寄り添うのはトキワシノブ










ナツハゼの樹形が綺麗。大分の美津久砂利で弧を描いて店舗入口へと誘います。









クモマソウ白花






苔の下は実は雨水枡が隠れています。点検の時は取り外せます。






クモマソウのピンクとヒューケラで優しさが漂います。苔の合間に白花プラティアもあります。




斑入りのヤマテラシ。一見、斑入りとはわからないですが。。。これからかな。

景石は八女産の選りすぐり。クリスマスローズが手前に見えます





シンボルはアオダモ株立。背景の壁は有田焼の特注(岩尾磁器)、黒い壁にアオダモの幹が映えます。

関連記事

最近の記事

  1. 2017.08.26

    久留米市S邸
  2. 2017.07.28

    福岡市南区I邸
  3. 2017.05.12

    Fukuoka city S 庭
  4. 2017.05.9

    Fukuoka city 庭
  5. 2017.04.15

    小笹の庭の春

プロジェクト一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。